妊婦さんがニキビができやすい理由と対策

赤ちゃんを産むことは育児だけでなく肌トラブルとも戦わないといけません。特に妊娠中はニキビができやすいです。ニキビが全くできないという人も妊娠を機に小さなニキビがいっぱいできる人も多いです。
産後にはニキビが落ち着く人もいるようですが、産後もニキビが治らなかったり、産前はずっとニキビが出来ている状態という人も多いです(逆に出産したことで普段ニキビ肌の人がお肌がツルツルになったよって人もいます)。これは女性ホルモンのバランスが変わったから、肌質も変化するようです。お肌の女性ホルモンといえば有名なのはエストロゲンとプロゲステロンの二つ。出産を機にこの二つの女性ホルモンの分泌が変化しお肌の状況も変わるみたいです。
ホルモンバランスは目には見えないものですから肌質の変化は女性ホルモンの影響だと断言するのは難しいですが妊娠でニキビ肌になるのも、お肌がツルツルに変化するのも女性ホルモンが大きな影響を握っていることは確かでしょう。妊婦でニキビができやすい人はホルモンバランスは大丈夫かな?と疑うといいかもしれませんね。野菜中心の食事をとったり、お散歩程度の運動でもいいから外の空気を吸ってリラックスしたり、規則正しい生活をする、仕事を休んでゆっくりと体を癒してあげる。このような工夫でホルモンバランスが少しでも落ち着いて、ニキビも落ち着くという場合も多くあるようです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です